スクリューホームムーブメントについて

      2018/05/19

【スクリューホームムーブメントについて】

前回の記事で、膝のロックを解除する筋として、「膝窩筋」をお伝えしました。

そして、膝のロックって?

というところで出てきたキーワードが「スクリューホームムーブメント」でしたね。

復習になりますが、膝は、伸展中に脛骨外旋が起こり、カチッとロックがかかるようになっています。

このことで、筋力に頼ることなく膝を伸ばせ、ヒトは長時間楽に立っていられます。

そして、このロックが起こるメカニズムをお話していきます。

まず、膝関節のロッキングには、約5~10度の外旋が必要です。

膝関節に外旋が起き始めるのは、最終伸展30度であると言われています。

これを、終末伸展回旋(運動)スクリューホームムーブメント、または、スクリューホームローテーションといいます。(これは、生理学的な動きではあるが個人差が大きい)

 

スクリューホームムーブメントを起こす3つの要因

このスクリューホームムーブメントは、3つの力学的な因子によって生じるとされています。

①大腿骨内側顆の形状

②ACL(前十字靭帯)の緊張

③大腿四頭筋の外側への牽引

以上の3つです。

SHM2

このなかで最も大きい要因は、①の大腿骨内側顆の形状です。

大腿骨内側顆の関節面は、外側顆より長く大きいので、回旋なく真っ直ぐに伸びたのでは、内側だけが伸びきらななくなります。

そのため、脛骨を外旋させることで、寄り道して距離を稼いでいます。

これにより、内側顆の形状自体が脛骨の外旋を促すように出来ています。

SHM
大腿骨関節面 内側上顆

※右ひざの大腿骨の関節面を、下から見ています。(右側が内側、左側が外側です)

写真のように、顆間溝に近づくに連れて内側顆関節面が外側にカーブ(傾斜)しています。(顆間溝は、まん中のへこみ部分)

この形に添って、脛骨は外旋していきます。

(説明は、大腿骨上の脛骨の伸展時。脛骨上の大腿骨伸展時は大腿骨がこの軌道とは反対に動く)

 

結果的に、ねじれが生じることで、膝が骨性に安定した状態となっているのです。

 

これらのおかげで、3時間くらいのライブでも、膝が楽に伸ばして、立ちっぱなしでいれるわけですね。

人間の身体はよく考えられてできていますね。

ありがたい仕組みです。

 

まとめ

  • 3つの因子により、スクリューホームムーブメントは起き、膝関節の安定に一役買っている
  • なかでも、骨形成上の理由で、最終伸展30度位から5~10度のスクリューホームムーブメントが起こる
  • ただし、個人によってばらつきがある

 

セミナー情報

【呼吸から紐解く姿勢改善(スウェイバック、フォワードヘッドポスチャー)】

現場で高確率で出会うお悩み、「姿勢改善」。

特にスウェイバック姿勢、フォワードヘッド姿勢は現代人に多くみられます。

より効果的にこれらの姿勢を改善するにはどういった戦略のもと、戦術を決めていくのか。

胸郭の抑えておくべき機能、構造から生理学的、構造学的呼吸の2つの観点から姿勢改善をどのように導くかを考えます。

詳細は以下からどうぞ♪

呼吸から紐解く姿勢改善セミナー

 

 

お申込み

https://req.qubo.jp/catback4h/form/Academia

 

残席数2名となっておりますので、姿勢改善でお悩みの方、呼吸を学び直したい方!お待ちしております!

 

 - 機能解剖,