愚者は経験に学び、賢者は過去に学ぶ それがトレーナーの近道かも

【愚者は経験に学び、賢者は過去に学ぶ それがトレーナーの近道かも】

本ブログを読んでくださっている方は、おそらくトレーナーの方が9割ではないかと思います。

 

そして、志して間もない方から、種々の修羅場をくぐり抜けてきたベテランの方まで見てくださっているのではないかと勝手に想像しています。笑

 

このブログでは、主に機能解剖学をお伝えしています。

 

様々な専門書や私がセミナーに参加して得た知識、それらに自らの思考を投影して記述しています。

 

しかし、トレーナーに必要な知識を考えてみると、それは極一部でしかありません。

 

運動生理学、運動力学、心理学、栄養学…などなどありますね。

 

「どろろ」が自分の体のパーツ1つ1つを取り返していくかのように、機能解剖学も様々なピースのたった一部でしかないのです。

 

もちろん全ての項目においてハイパフォーマーになることは難しいでしょう。

 

どこかの能力が突出したスペシャリストになったほうが、形としてもわかりやすく認知される可能性が高まります。

 

 

しかし、それも全ての能力が平均以上であればです。

 

平均的な能力を獲得していなければ、多様な話(クライアントの動因。この場合のクライアントは一個人であり、企業も含む)に対応できず、活躍の場は狭まってくるかもしれません。

 

その中で、私は機能解剖学を、第一に外せない絶対の能力として認知しているため、ブログのテーマにしています。

 

そして、ここまでに挙げた能力は、「専門的な分野における知識であり能力」です。

 

これらは、既に目の前(物理的な意味での目の前と、HPなどディスプレイ越しのものも)にクライアントがいて動因を聞き出し、それに対して初めて輝く能力です。

 

トレーナーというものをただの専門家ではなくビジネスマンとして捉えた際には、そこまでにマーケティングをしなければなりません。

 

目の前にクライアントを連れてくる必要があるということですね。

 

そう考えていくと、学ぶべき要素は、際限なく広がっていきます。

 

特に、トレーナーや治療家を志して間もない方には、どこから手を付けていけばよいやら…と頭を悩ませるはずです。

 

また、1つの能力に突き抜けたベテランの方にとっても、その他の分野を伸ばす際に、時間がかかるのは間違いありません。

 

 

「愚者は経験に学び、賢者は過去に学ぶ」と言う言葉をご存知かと思います。

 

言葉のままの意味ですが、ここでいう「経験」とは「己」、「過去」とは「他者」です。

 

自分の経験から学べる(自分の中にある、これまでと同様の手段)こともたくさんありますが、それよりも、既にそれを経験し、試行錯誤したこと(PDCAが回され洗練されている)を聞いて、そこからスタートを切ったほうが、不必要に時間をかけたり、失敗することがありません。

 

成功に近づくことに早くなります。

 

(失敗をしないことが良いことだとは思いません。「失敗」とは、何かにチャレンジした証であり、そこからしか得られないこともあるはずです)

 

 

資源には、時間、お金、手間がありますが、何かを学ぶ際には、どれかを投入することになります。

 

例えば、2つの方法があるとします。

 

①500ページの分厚い機能解剖の専門書を10,000円で書店で買ってきて、(今の時代、大半はネットですけれど)100時間かけて読む

 

②機能解剖学を学ぶセミナーに30,000円を払って、10時間で学ぶ

 
上記を遂行すれば、同じ知識が得られるとした場合、どちらも選ばれる可能性はあります。

 

 

しかし、投入できるお金があるならば、②を選んだほうが圧倒的にコストパフォーマンスは高いはずですし、選ぶべきだと僕は思います。

 

先述したように、他者の経験も一緒に学べるわけですしね。

 

 

実際、僕もトレーナーとして5~6年経ったときに、次へのステップアップをしようと様々調べました。

 

セミナーに出たほうが講師の方の経験をまるごと買えるからです。

 

もし、僕と同じように、学ぶべきことがたくさんあって、まずはどこへ向かおうか悩んでいる方がいたら、【imok’s Mentor ship】に参加されてみてはいかがでしょうか。

 

 

詳細は下記に譲りますが、専門的な内容はもちろん、ビジネスにおける「イロハ」も学べます。

 

32時間という時間で、圧倒的に様々な知識がインストールされます。

 

そして、きっと、あなたのお役に立つはずです。

 

時間の投資は多くできないけれど、お金なら多少投資できる!(笑)という方は読んでみてくださいませ!

 

 

■セミナー情報■

imok’s Mentorship 関西第2期 開催決定
日時:2017年8月19日(土)、20日(日)、9月9日(土)、10日(日) 各09:00~18:00 計32時間
会場:姿勢改善専門スタジオBe-style 大阪店

概要:「Bodywork for Movement Development」とは、姿勢改善、機能改善、パフォーマンスアップに特化をした、動きを育てる為のボディワーク。エクササイズの為のエクササイズではなく、カウンセリングと評価に基づき、現在の状態から、クライアントの動因(目的や欲求)を安全に、効果的かつ効率的にサポートする為の方法を学んでいきます。

また、学んだボディワークを「浪費」や「消費」として終わらせるのではなく、費用対効果の高い「投資」に変えて頂ける様、学んだことを生かして独立をしたり、スタジオを構えて経営が出来る様に、ボディワーカーやトレーナー、セラピストとして活躍をする上で必須のビジネス力を向上させる為のレクチャーおよびサポートも行わせて頂きます。

6~8名の少人数制の為、質問がしやすいだけでなく、実技練習の際に講師が細かくサポートを行わせて頂く為、ご自身が効果を体感して頂けます。また、受講生だけのフェイスブックグループを作成し、講習日以外も気軽に質問をしたり、学びのシェアが行えます。

≪Body Work for Movement Development概論≫
・ボディワークの歴史と変遷
・Body Work for Movement Developmentとは
・トレーニングシステムとボディワーク
・共通理解を創る為の用語解説
・パフォーマンスアップの為の戦略など

≪ボディワーカーに必要な機能解剖学&運動生理学≫
・機能解剖学とボディワーク
・運動単位とサイズの原理、Length Tension Relationship
・筋紡錘とゴルジ腱および反射とは
・呼吸および循環の生理学
・感覚システムに関わる生理学
・低閾値と高閾値&ソフトコアとハードコアに関する生理学など

≪ボディワーカーに必要なバイオメカニクス≫
・ボディワーカーに必要なバイオメカニクスの基礎知識
・支持基底面、COM、COG、COPとは
・ニュートンの法則
・姿勢の戦略、動的安定化の戦略
・上行性生運動連鎖と下行性運動連鎖
・バイオメカニクスの考え方を活用した姿勢と動きの見方
・力の出力と方向から考えるエクササイズの考え方など

≪ボディワークにおけるカウンセリング及びアセスメント≫
・カウンセリングとアセスメント 概論
・モチベーションとは
・カウンセリングに必要な考え方および技術
・カウンセリングと感覚システム
・スクリーン、テスト、アセスメントとは
・姿勢の評価、動きの評価
・TED、JMD、SMCDの見分け方
・アセスメントトライアングルを用いた評価法
・カウンセリングおよびアセスメントの実践など

≪ボディワークにおける呼吸の概念≫
・呼吸に関する機能解剖学および生理学的な観点
・様々な呼吸(安静時呼吸と努力性呼吸、シンクロ呼吸とパラドクス呼吸)
・呼吸筋およびZOAとリブフレア
・オープンシザースシンドロームとアワーグラスドシンドローム
・腹腔内圧とコアスタビリティ
・姿勢および動作と呼吸の関係性
・ボディワークを活用した呼吸改善法など

≪コレクティブエクササイズ&ムーブメントプレパレーションとボディワーク≫
・コレクティブエクササイズとは
・コレクティブエクササイズの戦略
・モビリティエクササイズとは
・モーターコントロールエクササイズとは
・ボディワークを活用したコレクティブエクササイズの実践
・ムーブメントプレパレーションとボディワークなど

≪発達運動学を活用した有機的な連続体としての修正-応用≫
・修正&応用の広義的、狭義的な考え方
・3面3軸とエクササイズ
・ムーブメントパターンとエクササイズ
・修正と応用の実践
・発達運動学とポジショニングなど

≪運動学習とコーチング≫
・明示的学習と暗示的学習
・キューイングの種類と感覚器
・フィードバックの種類
・インターナルキューイングとエクスターナルキューイング
・キューイングマトリクスなど

≪ビジネス概論≫
・ビジネスとは?
・高めるべき4つの価値
・パーソナルトレーナー、インストラクター、ボディワーカーのステージ
・ビジネスモデルの創り方
・ターゲティングとロイヤルカスタマー
・新規集客の考え方とやり方
・スタジオ開業および経営など

≪70種類以上のエクササイズの実践及び指導練習≫

実施エクササイズの例

現場で使うことの多いエクササイズを、徹底的に「なぜ?」「なんで?」を掘り下げながら行っていきます。

以下はあくまで例となりますが、4日間でこれより多くの種類のエクササイズを行っていきます。

・呼吸エクササイズ・インクリネイション・サービカルエロンゲーション・3MP→DNFエクササイズ・4.5MP→ローオブリーク・ロールアップロールダウン・ローリング(F、E)・スワンOnエルボー、Onハンド・パピー・ローオブリークツイスト・ローオブリークFAAD・ローオブリークFAAB・ローオブリークAFIR・ローオブリークAFIRリフト・4スタンスストレッチ・マルチロッキング・4スタンスエアプレーン・クローリング・プッシュアップバリエーション・3ディメンショナルスパインストレッチ・シンボックス・クラブ ダイアゴナルタッチ・クラブ・ハーフニーリングフロンタルヒップムーブ・ハーフニーリングカーフレイズ・ニーリングヒップヒンジ・ニーリングステップ・RDL・スクワット各種・シングルレッグEX・ランジ各種・ランニングカーフレイズ&More

受講料:「スタンダードコース」 199,800円(税込)4日間のセミナー受講、セミナーテキスト、メールサポート、修了証の発行、再受講を希望の場合 1日2万円にて再受講が可能。

→2期生限定価格 169,800円

「スタンダードコース 分割払い」105,000円×2回 合計210,000円(税込)内容はスタンダードコースと同様

コメント