評価

      2017/08/10

 

最近、社内研修やセミナーにて様々な方から学ばせていただく機会があります

皆さんトップトレーナーとして

ご活躍されている方ばかりで

色んなモノを学ばれていらっしゃることと思うのですが

そのなかから

僕が特に最近重要さを感じているものがあります

それは、

「評価」です

評価無くしてコレクティブエクササイズはないということです

先日参加したセミナーでお聞きした言葉に

「評価のないトレーニングは、ただの推測である」

がありました

(こんな意味合いの言葉)

ごもっともだなと

この言葉は、僕の心を刺しました

現状を確認する評価があり、

それを改善するためのコレクティブエクササイズがあり、

介入効果を確認する評価をする。

この流れが大切です

それはそうでよね

例えば、車が故障して

動かなくなった場合に

動かなくなった原因を調べずに

修理を開始することは

とてつもない時間と労力がかかりますよね

やはり原因を調べることが大切なのです

身体の話に戻りますが、

最初の評価をすることで正常だと分かれば

コレクティブエクササイズはいらないわけです

その部分は故障(問題がない)していないわけですから

本当に問題のある部分に時間を割けるのです

その人にとって、何が必要で何がいらないのか

それを明確にしてくれるのが

評価になります

そんな評価を的確にできるスキルを身につけたい

と思う今日この頃です

きょうはこのへんで。

 - 思考のあれこれ, 機能解剖