距骨下関節の締りの位置と緩みの位置

      2017/11/19

距骨下関節の運動学

 

別ページでも記していますが、距骨下関節の動きは3つの関節面で起こります。

前・中・後の関節面の動きが伴い、内反しと外がえし、外転と内転、わずかな底屈と背屈を有します。

※内反し、外がえし:矢状軸に対する動きとして表現しています。
※内転、外転:垂直軸に対する動きとして表現しています。

 

関節の回転軸(運動軸)は、水平面から42度、矢状面から16度に位置します。

rp_IMG_6097-1-181x300.jpg rp_IMG_6098-300x169.jpg

この回転軸から考えてみても、底背屈の動きはあまり起きそうにないですね。

関節の動きを考える際に、どちらがどちらに対して動くのかという観点が大切になります。

距骨下関節の場合、非荷重位では距骨に対し踵骨が動き、この時、距骨下関節だけの動きが可能です。

しかし、荷重位つまり地面に固定された踵骨に対し距骨が動く場合、距骨下関節だけの動きは不可能だと考えられます。

距骨が動く際には下腿も必ず動くので、距腿関節の動きがでます。

また、舟状骨も距骨と関節を形成するため(距船関節)、舟状骨にも動きが伝わります。

 

 

距骨下関節の締りの位置と緩みの位置

後足部の位置を制御することに加え、距骨下関節は間接的に遠位の関節の動きを制御します。

特に横足根関節(=ショパール関節)はその影響を受けます。

距骨下関節の最大回外位は、締りの位置となります。

これは、距舟関節と踵立方関節の運動軸が交差することにより起こります。

上記の2つの関節は、横足根関節を構成する関節ですが、距骨下関節の動きとも連動していますので、距骨下関節の締りの位置、また中足部の締りの位置となります。

これは、足部の剛体化ともいえます。

対称的に、距骨下関節の最大回内位は中足部全体の可動性を増加させます。

先ほどとは逆に、距舟関節と踵立方関節の運動軸が交差、ねじれがもとに戻り、平行となります。

その結果、中足部の可動性が増加します。

 

この距骨下関節の回内、回外の動きが中足部に影響することは、歩行を正しく行う上で非常に重要なことであるといえます。

 

 

セミナー情報

 

機能解剖学を始め、評価、改善方法を学びたい方にオススメです!

 

今回は、足部・足関節について深く学んでいきます!

 

お申込み:https://req.qubo.jp/catback4h/form/Academia1

 

詳細はこちらです。

2017年最後のimokアカデミア「足部・足関節編」開催のお知らせ

 

 - 機能解剖, 足部