距骨下関節と横足根関節の運動

      2018/05/19

【距骨下関節と横足根関節の運動】

距骨下関節と横足根関節は、共同して動きます。

今回は非荷重位での運動についてお話いたします。

非荷重位での距骨下関節の運動は、距骨が固定された状態となります。

つまり、距骨に対し踵骨が動くことになりますが、横足根関節の運動がそこに加わることになります。

距骨下関節の運動軸は、水平面から42度、矢状面から16度に位置します。

IMG_1108

IMG_1107

横足根関節の運動軸は、斜軸と長軸があり、斜軸(水平面に対し52度、矢状面に対し57度)、長軸(水平面に対し15度、矢状面に対し9度)傾斜しています。

IMG_1105

IMG_1104

斜軸は、角度が付いている分、回内、回外の動きを行います。(ここでいう回内・回外は、3面の動きを捉えた複合的な運動)

長軸は、より内がえし、外がえしの動きがメインとなります。(ここでいう内がえし・外がえしは、前額面上で起きる運動)

 

 

回内・回外時の3面での運動

それでは、後足部の回内・回外時の運動についてみていきましょう。

回外位から回内位へ動きを移すとき、距骨下関節、横足根関節は以下のように動きます。

 

水平面

舟状骨:距骨頭に対して内方へ滑り5度回転する

立方骨:踵骨と舟状骨に対し5度回転し内方へ滑る

踵骨:軽度前進し、距骨下で内方へ5度回転する

これら3つの回転は、内転方向へと同一方向に起こります。(水平面上の動き)

(反時計回り方向へ5度回転する)

IMG_1103

※青色:踵骨の動き 黄色:立方骨の動き 緑色:舟状骨の動き

※写真の骨の位置はニュートラルであり、線が回外→回内の移動を示しています

 

 

前額面

舟状骨:25度内反し、内側で距骨から僅かにはみ出る

立方骨:踵骨に完全に隠れ、18度内反する

(写真ではニュートラルであるため元々完全に隠れているが、回外位では後方から見える位置にある)

踵骨:距骨下で内方へ滑り、20度内反する

これら3つの回転は、内反方向へと同一方向に起こります。(前額面上の動き)

IMG_1099IMG_1100

 

矢状面

舟状骨:距骨頭の下へ滑りこみ、45度回転。舟状骨前面は下方を向く。(=底屈)

立方骨:踵骨と距骨に対し下方へ滑り12度回転する。この距骨に対しての下方への滑りの動きは、舟状骨のそれよりも大きい。

踵骨:距骨に対し前進、底屈方向へ10度回転する

これら3つの回転は、底屈方向へと同一方向に起こります。(矢状面上の動き)

IMG_1102

 

3つ面での動きを考えると少し頭がこんがらがりそうになりますね。

しかし、別々に1つの骨ずつ捉えていくと理解が進みますので、1つずつ見ていってくださいね。

 

 

セミナー情報

【呼吸から紐解く姿勢改善(スウェイバック、フォワードヘッドポスチャー)】

現場で高確率で出会うお悩み、「姿勢改善」。

特にスウェイバック姿勢、フォワードヘッド姿勢は現代人に多くみられます。

より効果的にこれらの姿勢を改善するにはどういった戦略のもと、戦術を決めていくのか。

胸郭の抑えておくべき機能、構造から生理学的、構造学的呼吸の2つの観点から姿勢改善をどのように導くかを考えます。

詳細は以下からどうぞ♪

呼吸から紐解く姿勢改善セミナー

 

 

お申込み

https://req.qubo.jp/catback4h/form/Academia

 

残席数2名となっておりますので、姿勢改善でお悩みの方、呼吸を学び直したい方!お待ちしております!

 

 - 機能解剖, 足部