姿勢

身体図式と身体イメージとは~姿勢、運動との関係性~

身体図式は、無意識下で統合されている身体の情報のまとめであり、姿勢や運動時に全体がどうなっているかの情報を与える。 身体イメージは、身体図式に視覚情報が加わったものであり、何かがトリガーとなり意識下にのぼる。 道具の操作では、身体イメージが正確にできているかが重要であるが、身体図式と視覚が適切に働いてなければならない。
姿勢

姿勢が矯正されると痩せる?姿勢とダイエットの関係性

姿勢が矯正されると痩せるという信用に足るデータはありませんが、姿勢矯正の様々な効果からスタイルは改善されます。 結果的に、美しい見た目が得られることになりますので、必ずしもダイエットが必要とは限りません。
姿勢

正しく美しい座り姿勢とは?簡単矯正体操もご紹介!

ほんのわずかに背中が丸まり、骨盤の真上に頭が来る姿勢が正しい座り姿勢と言えます。 この状態ですと、肩や腰にかかる負担が必要以上に掛かることはなく、肩こりや腰痛に対しても良いと言えます。 この姿勢でも、見た目はしっかりと美しい姿勢です。さらに、正しい姿勢です。
姿勢

姿勢の専門家が教える良い姿勢で椅子に座るための7つのポイント

椅子に座ると姿勢が崩れるには、理由があった!今すぐにできる姿勢のポイント7つを実践して肩こり腰痛から開放されましょう! 坐骨を立てる、椅子の奥までお尻をつける、腰の後ろにクッションまたは、タオルを置く、足の裏を地面にしっかりつける等。
姿勢

【2018年腰痛情報まとめ】これで腰痛の治し方がわかる!

近年、腰痛の研究は進んでおり、機械的なストレスが引き起こしているのではないということが明白になっています。腰が痛くとも、脳でそれを感じ取れなければ「痛み」ではありません。腰の関節、筋肉などのセンサーから脳へ向けて、痛みの情報を伝達しようとします。
姿勢

【これで解決!】腰痛持ちの方がとるべき楽な姿勢とダメな姿勢って?

現在、腰痛の原因は、「様々な因子が複雑に絡んでいる」ということが分かっています。 どの要因に対しても共通ですが、脳にストレスを掛けない=痛みを感じさせない、ストレスを与えないことが大切です。 骨盤や背骨が歪んでいることで腰の筋肉に負担をかけます。
呼吸

呼吸が浅いと頭痛になる?メカニズムと改善方法を解説!

頭痛も様々な因子が絡まっているので、専門医に見てもらうことも大切です。 でも、ある程度痛みの場所やその方の状態を見ることで原因を絞れることも確かです。 こめかみや後頭部の頭痛は呼吸が原因の可能性があります。 問題となる筋肉を緩めることで改善が見込めます。
呼吸

浅い呼吸を理想の状態へ改善しよう!

改善エクササイズの目的は、呼吸が多すぎる状態からの脱却です。 呼吸が多い状態を「呼吸過多」といいますが、その状態を改善することで、あなたの肩こりや首こり、腰痛などなどの改善の足がかりとなります。 呼吸だけで改善することもままあります。
呼吸

呼吸の浅さをチェック!あたなの呼吸は理想的?

吐く量よりも吸う量が多くなり、二酸化炭素が体内に増加、吐き出すために呼吸回数が増加、呼気(息を吐くこと)、吸気(息を吸うこと)ともに量が増加して通常の2~3倍の呼吸、神経や姿勢の問題でさらに息を吸ってしまう
呼吸

呼吸が浅くて悩んでいるのに、実は呼吸のしすぎが問題!?

浅い呼吸にお悩みのあなたにお伝えしたことがあります。それは…ズバリ、呼吸のしすぎです。 もう少し丁寧に言うと、呼吸の全体量が多い状態です。 浅いなんてとんでもない、呼吸のしすぎなのです。