歯を食いしばると力が出る?

動作

 

【歯を食いしばると力が出る?】

少し想像してほしいのですが、

綱引きで相手に引っ張られるのを全力で食い止め、こちらに引っ張り返す時、

あなたの口はどうなっているでしょうか?

歯を食いしばっていますか?

一般的に、何か全力で力を出す時、歯を食いしばるイメージというのがあります。

漫画やアニメの世界では、苦しいときに、「歯を食いしばれ!!」と叫ぶシーンがあります。

 

これは半分正解ですが半分は間違いだとされています。

人は力を発揮しているときに歯を噛みしめているわけではありません。

大切な事は顎を固定することにあります。

トップアスリート例えばウェイトリフティングの選手やハンマー投げの選手が一瞬で凄まじい力を発揮するときに

歯を噛み締めている感じは一切ありません。

 

 

歯を食いしばるのはスポーツではNG

ヒトは歯を食いしばると、「咬筋」という筋肉が働きます。

この筋肉は、奥歯を噛み締めると顎関節のところに浮き出て触れることができます。

これが咬筋です。

映像などでアスリートをチェックすると、咬筋が浮き出ている選手はほとんどいません

室伏選手も雑誌の取材で、「歯を噛み締めていない時の方が調子が良い」とおっしゃっています。

歯を噛みしめる時というのはネガティブな感情の時になりやすいとされています。

例えば悔しい思いや苦い思いをした時、歯を食いしばっているイメージがありませんか?

また、うまく記録が出ない時や体が不調なとき、歯を食いしばりやすくなります。

実際に、力を発揮する時の様子を、筋電図を用いて測定をすると、顎二腹筋と胸骨舌骨筋が100%収縮し、側頭筋や咬筋は20~40%程度しか、働いていませんでした。

これはピーナッツを噛んでいる時と同じ程度の強さです。

補足として付け加えると、重いものを持つ瞬間には、歯を食いしばると良いです。

これは、歯を食いしばることで、身体が緊張し関節を固められるからです

いわゆる剛体化です。

ただそのままではスムーズな動きができませんので

動きが伴う時には食いしばってはいけません。

 

 

まとめ

顎をいかに固定させられるかというのが大切になります。

さらに、無意識かつ瞬間的に顎が安定しなければなりません。

そして、顎の固定力の基礎というのは「歯並び」に依存します。

歯並びが悪ければ、動作に合わせ、顎を自由自在に適合することは不可能です。

ですのでアスリートにとって、歯の調整というのも、パフォーマンス発揮にとって大切な1つとなります。

最近は、スポーツデンティストという資格もあるくらい歯とスポーツの関係性が着目されています。

『歯を食いしばると力が出る』という

間違った認識が一般には広がっていますのでこういった情報が多くの方に届くといいなと思います。

 

 

この記事を書いた人
鈴木 孝佳

アスレティックトレーナー兼プロダクトマネジャー。
自他ともに認める健康オタク(最近、生命線が手首を突き抜けている事に気づいた)
音楽が好き。(ギター、ドラム、カラオケを嗜む)
休日には、東京の美味しいものを探しに。

鈴木 孝佳をフォローする
動作
鈴木 孝佳をフォローする
Trainer's Library

コメント