膝関節アライメント

機能解剖

膝関節のアライメント

 

大腿骨の骨体は、写真の通り、わずかに内側方向へと伸びます。

IMG_1109

膝関節は、180度真っ直ぐではなく、176度前後になります。

これをFTAと言います。

FTA(Femoro Tibial Angle=大腿骨と脛骨の角度)とは、大腿骨長軸と脛骨長軸の交点のなす角度です。

FTAみることで、構造的な膝関節のアライメントを知ることができます。(内反膝、外反膝)

膝関節のアライメントにおいて、FTAとあわせて表現されるものが、QーAngleです。

QーAngle(Quadriceps Angle=直訳は、四頭筋角度)とは、上前腸骨棘から、膝蓋骨中心へ引いた線と、
膝蓋骨中心から、脛骨粗面に引いた線のなす角度になります。

IMG_1110

QーAngleは、大腿四頭筋が膝蓋骨を引っ張る方向を知ることができます。

これらは混同しやすいものですので、言葉の意味自体をしっかりと抑えることで区別可能です。

私も学生時代はどちらがどちらか分からなくなったものです。

 

ちなみに、FTAは、X線でしか正確には測定できませんが、Q-Angleは、体表からのチェックが出来ますので、現場レベルでできるチェックになります。

なぜなら、FTAは骨体の中央を取る必要があるので体表からははっきりと分かりませんが、Q-Angleは上前腸骨棘、膝蓋骨中央、脛骨粗面と体表からはっきりとポイントを取れるためです。

 

FTAと頸体角

FTAの正常角度は176度(文献により様々あります)になるのは、大腿骨の「頚体角」が、125度の場合です。

頚体角とは、大腿骨の骨頸部と骨体のなす角度です。

IMG_1111

125度の場合が正常な頚体角となり、125度より明らかに小さい場合(110度以下)は「内反股」、125度より明らかに大きい場合(135度以上)は「外反股」と言います。

こちらに関しては、また改めて詳しくお伝えいたしますが、

内反股の場合は、寛骨臼との適合性を得るために股関節内転位を取りやすく、膝関節の内側を荷重線が通る為に外反股を呈しやすくなります。

反対に、外反股の場合には、寛骨臼との適合性を得るために股関節外転位を取りやすく、膝関節の内側を荷重線が通る為に内反股を呈しやすくなります。

内反膝は、O脚とも呼ばれ、FTAが180度以上の場合を言います。

外反膝は、X脚と呼ばれ、FTAが170度以下の場合を言います。

 

まとめ

膝関節の正常アライメントは、真っ直ぐではなく、わずかに内方へ向かっている(176度)
FTAは大腿骨頚体角に左右される

 

セミナー情報

足部・足関節、膝関節の機能解剖学を基礎から深く学びたい方におすすめです☆

「足部・足関節編」
https://req.qubo.jp/catback4h/form/JCiuleMU

「膝関節編」
https://req.qubo.jp/catback4h/form/iEDX6CMn

この記事を書いた人
鈴木 孝佳

アスレティックトレーナー兼プロダクトマネジャー。
自他ともに認める健康オタク(最近、生命線が手首を突き抜けている事に気づいた)
音楽が好き。(ギター、ドラム、カラオケを嗜む)
休日には、東京の美味しいものを探しに。

鈴木 孝佳をフォローする
機能解剖
鈴木 孝佳をフォローする
Trainer's Library

コメント