膝関節過伸展 改善編 その②

 

【膝関節過伸展 改善編 その②】

 

前回の話はこちら↓
膝関節過伸展 改善編その①

大臀筋と大腿四頭筋のパフォーマンスを上げましょう!

というお話しでした。

 

今回は、2つ目のハムストリングスの過剰動員と優位性の改善。

ハムストリングスの優位性は、姿勢や動作から大臀筋よりも優先して使われることにより生じます。

例えば、スウェイバック姿勢なんかは典型的で骨盤を前方にスウェイすることで大臀筋の筋力を発揮することなく立っています。

 

この姿勢は、腸骨大腿靭帯や腸腰筋に負担をかけますが、

それらにつっかけることで立っています。

また、このことで腸腰筋のパフォーマンスに影響し、大腿骨頭の安定性が低下します。

(閉鎖筋と腸腰筋は大腿骨頭をしばるように安定する)

このスウェイバック姿勢の状態で、立位、歩行、階段昇り、立ち上がり動作を行えば、

大臀筋はあまり使われることなく、萎縮していきます。

そして、ハムストリングスが発達し股関節伸展において活動優位になっていきます。

そのため、①の改善でもありましたように

大臀筋と大腿四頭筋の筋力訓練で強化をしつつ、姿勢自体の改善が必要となります。

 

動作の改善

動作改善も必須です。

例えば、階段昇りでは、膝を引き戻すようにしないために、肩を膝の上に位置させて昇ります。(体幹前傾姿勢)こうすることで、荷重が前へ行き大腿四頭筋を使った階段昇りをすることができます。

歩行に関しては、、

この辺りは3つ目の動作改善の部分と被ってきますので

次回としましょう。

 

セミナーのお申込みはこちら

機能解剖学を深く学びたいという方におすすめです。

5月21日(日)腰椎骨盤帯編Ⅰ
5月28日(日)腰椎骨盤帯編Ⅱ

 

この記事を書いた人
鈴木 孝佳

アスレティックトレーナー兼プロダクトマネジャー。
自他ともに認める健康オタク(最近、生命線が手首を突き抜けている事に気づいた)
音楽が好き。(ギター、ドラム、カラオケを嗜む)
休日には、東京の美味しいものを探しに。

鈴木 孝佳をフォローする
鈴木 孝佳をフォローする
Trainer's Library

コメント