ミクリッツ線

【ミクリッツ線】

本日は、ミクリッツ線についてご説明します。

ミクリッツ線?

もしかすると、あまり聞いたことがないかもしませんね。

 

ミクリッツ線とは、大腿骨頭から距骨滑車に向けて引いた線をいいます。

この時、この線がパテラ中央から内側外側にそれぞれ2.5cm以内を通過するのであれば正常となります。

逆に2.5cm以上はみ出る場合は、異常値となります。

 

図の赤線は正常。

黄色線は膝蓋骨から外れており、膝に内外側ストレスがかかっている事になります(距骨が黄色の延長線上に来ていると仮定した場合)

 

ミクリッツ線をみる意義は荷重負荷がどのようにかかっているかをみることにあります。

膝の内側を通過するなら、膝には内反ストレスがかかっています。

膝OAの場合などはこの傾向にあります。

 

ミクリッツ線は、FTAとも関連があり、ミクリッツ線がパテラ中央を通過する時、FTAは172度であるとされています。

FTAとは、ひとことでいうと、X脚O脚を判別するものでしたね。

FTAの話はこちら↓
「FTA」と「Q-Angle」

172度はFTAとしても正常値です。

 

例えば、大腿骨頚体角が110度以下の内反股であれば、膝は外反傾向となるので、ミクリッツ線をみても外側を通過します。(=膝には外反ストレスがかかる)

※筋骨格系のキネシオロジー 図を改変 緑線がミクリッツ線。膝蓋骨外側を通るため、外反ストレスがかかる

 

このようにミクリッツ線とFTAには関連があります。

ミクリッツ線は、現場での測定は不可能で基本的にはX線画像を用います。

 

運動軸として捉える

現場では測定は不可能でも、膝へのストレスの掛かり方は目視でもある程度判断できます。

スクワットをする際に「膝とつま先の方向を揃えましょう」とクライアントに伝えるかと思いますが、これもある意味、荷重ストレスを正しくかけたいというところから来ているのですね。

ただ、「つま先の向きと膝の向きOK」ではなく、『大腿骨頭~距骨のラインが合っている』という視点を持てるとさらに良いと思います。

これは、股関節、膝関節、足関節が揃っているということになりますので、ストレスの少ない動きです。

さらに、理想は第2指の向きも揃っていることですが、足部のアライメント、下腿の影響により難しい場合もあります。(つま先を揃えるあまり、かえってミクリッツ線を崩すこともありえる)

そもそもの股関節の捻転なども考えるとさらにややこしくなりますが、多くの場合は、ミクリッツ線をみることを意識してみると良いです。

 

以上、今日はミクリッツ線についてお話ししました。

この記事を書いた人
鈴木 孝佳

アスレティックトレーナー兼プロダクトマネジャー。
自他ともに認める健康オタク(最近、生命線が手首を突き抜けている事に気づいた)
音楽が好き。(ギター、ドラム、カラオケを嗜む)
休日には、東京の美味しいものを探しに。

鈴木 孝佳をフォローする
鈴木 孝佳をフォローする
Trainer's Library

コメント