浅い呼吸を理想の状態へ改善しよう!

呼吸
前回、あなたの呼吸の浅さ(呼吸量が適正かどうか)がどの程度なのかをチェックしました。
 
ご自身の記録は覚えていますかね?
 
まだチェックしていない方は以下からテストをしてみてくださいね!
 
呼吸の浅さをチェック!あたなの呼吸は理想的?
吐く量よりも吸う量が多くなり、二酸化炭素が体内に増加、吐き出すために呼吸回数が増加、呼気(息を吐くこと)、吸気(息を吸うこと)ともに量が増加して通常の2~3倍の呼吸、神経や姿勢の問題でさらに息を吸ってしまう
 
今回は、実際に呼吸の改善に踏み込んでいきたいと思います。
 
最も重要なことは、呼吸の量を適正化することです。
 
なぜかというと、普段の呼吸が多くなりすぎているから!ということでした。
 
忘れてしまった方は、こちらでその理由をチェックしてみてくださいね。
 
呼吸が浅くて悩んでいるのに、実は呼吸のしすぎが問題!?
浅い呼吸にお悩みのあなたにお伝えしたことがあります。それは…ズバリ、呼吸のしすぎです。 もう少し丁寧に言うと、呼吸の全体量が多い状態です。 浅いなんてとんでもない、呼吸のしすぎなのです。
 
 

理想の呼吸は鼻毛が揺れない呼吸

 
改善エクササイズの目的は、呼吸が多すぎる状態からの脱却です。
 
呼吸が多い状態を「呼吸過多」といいますが、その状態を改善することで、あなたの肩こりや首こり、腰痛などなどの改善の足がかりとなります。
 
もしかすると、呼吸だけで改善することもままあります。
 
 

鼻から少しだけ呼吸

やり方をまずは確認しましょう!
 
①椅子に姿勢を正して座ります
②鼻の下に指を置きます
③口を閉じ、舌を上顎に付けます
④鼻から指に息が当たらない程度の強さで息を吐きます
⑤鼻から、鼻の大きさ分だけ息を吸います
⑥数分繰り返します
 
やり方はこんな感じです。
 
大切なことは、ごくごく小さく呼吸をすることです。
 
ある表現では、「鼻毛が揺れないほどの呼吸」とされています。
 
普段から荒い呼吸が身についている私達は、この程度の呼吸にするとかなりの息苦しさを覚えます。
 
普段から2~3倍の呼吸量をしているというお話でしたね!
 
この息苦しさが呼吸量の改善に繋がります
 
1つ気をつけたいことは、
 
息が苦しすぎないこと!
 
です。
 
 
あまりに苦しいと、身体が緊張しマイナスの効果となります。
 
また、長く続けることも出来ません。
 
あくまで、息が吸いたい、少し苦しい程度が目安です。
 
なぜこのエクササイズで改善するのかの詳しいメカニズムは次回にお伝えしますが、脳の中で二酸化炭素への耐性が改善されます。
 
もし、どうしても上記のやり方で息が苦しい場合というときは下記の通りにしてみてください。
 
LEVEL1:周囲に鼻息が聞こえない程度に吸う(自分には聞こえる)
LEVEL2:自分にも聞こえない程度に吸う
LEVEL3:息をしているかわからないほど小さく吸う
 
たいてい苦しいのは、息を吸う量が少ないためです。
 
鼻から吸う時に上記のようにLEVEL1からスタートしてもらうと、次へのステップを踏みやすいでしょう。
 
理想は、9~12分を連続で行うことです。
 
けれど、なかなかそこまで出来ないと思いますので、可能な範囲で時間を設定してみてくださいね。
 
慣れてくると自然と楽になってきますので、LEVELを上げましょう!
 
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
 
エクササイズを何回か行ったら、もう一度息止めのテストを行ってみてください。
 
以前の記録より、長くなっているはずです。
 
そしてより良い状態を目指してみてくださいね。
 
 
この記事を書いた人
鈴木 孝佳

アスレティックトレーナー兼プロダクトマネジャー。
自他ともに認める健康オタク(最近、生命線が手首を突き抜けている事に気づいた)
音楽が好き。(ギター、ドラム、カラオケを嗜む)
休日には、東京の美味しいものを探しに。

鈴木 孝佳をフォローする
呼吸
鈴木 孝佳をフォローする
Trainer's Library

コメント