胸郭④

機能解剖

 

【胸郭④】

本日は胸郭内の関節ラスト2つ。

肋椎関節と肋横突関節について学んでいきましょう!

前回の記事はこちら↓
胸郭③

 

いままでは、カラダの前面部分をみてきましたが今回は背部にあります。

脊椎との連結を見ていきましょう!

 

肋椎関節

肋椎関節は、肋骨の1本1本がそれぞれの椎骨と対応しています。

第1肋骨なら胸椎の1番。

第9肋骨なら胸椎の9番です。

しかし、少しややこしいのが、

例えば、第9肋骨(の肋骨頭)は第9胸椎の上肋椎関節窩と第10胸椎の下肋椎関節窩の間にハマります。

肋横突関節

肋横突関節も基本的には同じです。

第1肋骨なら胸椎の1番

第9肋骨なら胸椎の9番に接続しています

第9肋骨であれば、第9胸椎の横突起の横肋突関節窩に肋骨の関節結節に接続します。

 

 

名前がややこしいですね!

噛みそうです笑

ちなみに第11肋骨と第12肋骨は肋横突関節を欠きます。

 

呼吸に関して少し触れておくとこの肋椎関節、肋横突関節のついている角度によって肋骨がどのように広がるのかが決まります。

つまり、ポンプハンドルアクションのように前後径が広がるような動きをするのか

バケツハンドルアクションのように横径が広がるような動きになるのかが決まります。

この辺はまた今度詳しくお伝えしますね。

 

肋椎関節、肋横突関節の構造的な話に戻ります。

肋椎関節は「放射状靭帯」と呼ばれる靭帯と、関節包靭帯によって包まれており補強されています。

 

 

肋横突関節では、「肋横突靭帯(関節包靭帯)」がこの関節を補強し、

 

 

上肋横突靭帯は、肋骨頸の上縁部からその一つ上の胸椎の横突起に付着します。

 

つまり、下の肋骨と上の胸椎が連結しているとういう事ですね。

これによって、肋骨の動きはバラバラに動くのではなく、連動が発生すると考えられます。

いやーこの辺は細かすぎて、めんどくさいですね笑

でも、これを知っておくことで、この動きはこういう構造になっているから、そう動くのか!とつながってきます。

これが大切ですよね。

 

この記事を書いた人
鈴木 孝佳

アスレティックトレーナー兼プロダクトマネジャー。
自他ともに認める健康オタク(最近、生命線が手首を突き抜けている事に気づいた)
音楽が好き。(ギター、ドラム、カラオケを嗜む)
休日には、東京の美味しいものを探しに。

鈴木 孝佳をフォローする
機能解剖胸郭
鈴木 孝佳をフォローする
Trainer's Library

コメント