姿勢を正すと息苦しくなったり吐き気がする理由を解説!

姿勢
肩こりや腰痛、背中の痛みなど体の不調でお悩みの方が増えています。
 
もしかして、姿勢が原因で調子が悪いのかも!?と考えたりもしますよね。
 
しかし、ここでトラブルが発生する方がいらっしゃいます。
 
姿勢を正すと、息苦しかったり、吐き気を覚えたりするという症状です。
 
なぜ、姿勢を正しているのに反対に調子が悪くなってしまうのでしょうか。
 
この時一体何が起こっていているのでしょうか。
 
その理由を紐解いていきたいと思います。
 
 

姿勢を正すと息苦しくなる理由

なぜ息苦しくなるのでしょうか。
 
息苦しいということは息がうまく吸えていないということですね。
 
呼吸にエラーが起きているということです。
 
息苦しくなる理由を紐解くには、正しい呼吸というのはどういった状態なのかということを知っておく必要があります。
 
結論から言いますと、腰を反っていると正しい呼吸は行いにくくなります。
 
これは、横隔膜という筋肉が働きにくくなるためです。
 
 
横隔膜の詳しい解説は下記に譲りますが、横隔膜の活動が正しいか否かはその背骨の状態によります。
 
横隔膜を機能させるために知っておくべきこと
前回の記事では、呼吸の基本と、横隔膜の役割についてみていきました。 今回は、横隔膜を正しく機能させるにはどうすればよいか。 その基礎となる考え方をご説明していきます。 固定点(fix point)と動点(mobile poin...
 
横隔膜は正しい背骨の状態、もしくは背骨を丸めた状態では活動しやすくなりますが、背骨を反った状態では活動低下、機能低下をします。
 
この事実が息苦しさを紐解く鍵になります。
 
息苦しくなるという方の殆どは、正しい姿勢という状態が把握できていないために、背骨を反らせることを行ってしまいます。
 
一見、姿勢は良いように見えますが、体の構造解剖から考えるとマイナスであることのほうがたくさんあるのです。その代表格が呼吸です。
 
↑これは腰を反っているため、正しくない姿勢。
 
横隔膜は安静時の呼吸の80%の役割を担っていますから、横隔膜が活動低下することは息が吸いにくくなるということに他なりません。
 
これが息苦しさの正体なのです。
 
より詳しい呼吸のメカニズムについては、コチラをご覧ください。
 
呼吸の基礎~横隔膜と腹腔内圧~
「呼吸を変えることができなければ、体の不調は改善できない」とは有名な言葉ですが、呼吸は人間が生きていく上で最重要な行為です。 2~3ヶ月食べなくても生きていくことは可能ですし、数日水を飲まなくても死ぬことはありません。 しかし、ものの5...
 
呼吸が浅いと頭痛になる?メカニズムと改善方法を解説!
頭痛も様々な因子が絡まっているので、専門医に見てもらうことも大切です。 でも、ある程度痛みの場所やその方の状態を見ることで原因を絞れることも確かです。 こめかみや後頭部の頭痛は呼吸が原因の可能性があります。 問題となる筋肉を緩めることで改善が見込めます。
 
 

姿勢を正すと吐き気が襲ってくる理由

こちらも大元の理由は上記の息苦しさと同様です。
 
呼吸ができないということはとてつもない影響が出ます。
 
体のあらゆるところが緊張状態となります。
 
また、姿勢を正す際に顎を引く方がいらっしゃいます。
 
顎を引くと脳に対してストレスが掛かります。
 
吐き気というのは、いわゆる脳からの危険信号です。
 
吐き気を起こさせることで身体活動を行わせないようにしているのです。
 
つまり、正そうとしているその姿勢が正しくないために、脳から危険信号が出ていると考えてください。
 
また、姿勢を正すと吐き気が出る、戻すと出ないのであれば、その姿勢を取らないことが大切です。
 
身体にとって明らかに良くないことが起きていることをわざわざ行う必要がありません。
 
どういった姿勢が正しいのか、専門家に教授してもらうほうが良いでしょう。
 
 

まとめ

いかがでしたでしたでしょうか?
 
息苦しさや吐き気の原因は、その正そうとしてる姿勢にあります。
 
まずは正しい姿勢がどういったものかを知ることをおすすめいたします。
 
この記事を書いた人
鈴木 孝佳

アスレティックトレーナー兼プロダクトマネジャー。
自他ともに認める健康オタク(最近、生命線が手首を突き抜けている事に気づいた)
音楽が好き。(ギター、ドラム、カラオケを嗜む)
休日には、東京の美味しいものを探しに。

鈴木 孝佳をフォローする
姿勢
鈴木 孝佳をフォローする
Trainer's Library

コメント