無題

昨日で4年と3ヶ月勤めた会社を退職しました。
 
生まれ育った街を離れ、大好きな友人から離れ、1人東京に来たことから始まりました。
 
本日は、4年3ヶ月を振り返っていこうと思います。
 
あまりためになる話でもないので、ご興味のある方のみどうぞ。(笑)
 
 
4年3ヶ月。
 
数字にすると長いように感じますが、あっという間で密度の濃い時間でした。
 
全ては、約4年半前、社長の元へセミナーを受けに来たのが始まりでした。
 
僕はもともと、神戸でフリーランスのトレーナーとして活動しており、謙遜なく綴ると何不自由なく生活できる程度に稼いでいました。
 
ただ、このままではなにか駄目だと考えていたため東京へセミナーへ行き、そこでimok株式会社の理念を伺います。
 
純粋に働いてみたいと思い、あっという間に4年の歳月が過ぎました。
 
実は、当初1年で帰ろうと思っていたんですね。
 
学べるだけ学んでまた個人の活動に活かそう!と。
 
ところが4倍の時間が過ぎました。
 
平易な言葉ですが、楽しく有意義だったのです。
 
しかし、その道は平坦ではありませんでした。
 
今思えば、最初の頃は詰められまくってたなぁ。毎週のミーティングが重力20倍位に感じました。(笑)
 
しかし、その考えざるを得ない状況が多くのことを教えてくれました。
 
考えることがいかに大切か。
 
自分という人間に嫌というほど向き合うこともしました。
 
自分を知ることって、嫌な部分を思いっ切り手をほじくることなんですね。
 
今ではメンタル部分も改善され、人間的にも変わったのだと思います。(先日2年ぶりくらいにエゴグラムをすると大きく変化していました)
 
 
今の僕を形成しているのは、間違いなくここで学んだこと体験したことです。
 
かけがえのない財産です。
 
今でもこの会社が好きで、多くの思いが足を留まらせようとすることもあります。
 
感謝をしてもし尽くせないほどに感謝をしています。
 
imok株式会社が益々発展することを心から願ってやみません。
 
そしてまた、大きくなった姿で彼らと共に仕事が出来たらこれ以上はありません。
 
 
ここで培ったもので、耳に届くように次のステージで大暴れしてきます。
 
本当にありがとうございました。
 
この記事を書いた人
鈴木 孝佳

アスレティックトレーナー兼プロダクトマネジャー。
自他ともに認める健康オタク(最近、生命線が手首を突き抜けている事に気づいた)
音楽が好き。(ギター、ドラム、カラオケを嗜む)
休日には、東京の美味しいものを探しに。

鈴木 孝佳をフォローする
思考
鈴木 孝佳をフォローする
Trainer's Library

コメント