足根中足関節~構造編~

機能解剖

【足根中足関節~構造編~】

 

足根中足関節は、5つの中足骨底と3つの楔状骨と立方骨からなる関節で、リスフラン関節とも呼びます。

img_1079

詳しく見ると、第1中足骨と内側楔状骨、第2中足骨と中間楔状骨(+外側楔状骨)、第3中足骨と外側楔状骨、第4~5中足骨と立方骨とが連結しています。

足根中足関節の関節面は平坦であり、背側・底側足根中足靱帯、背側・底側中足靱帯によりこれを補強しています。

img_1021 img_1020

img_1023  img_1030

左上から:背側足根中足靱帯、背側中足靱帯、底側足根中足靱帯、底側中足靱帯

 

5つの足根中足関節のうち、第1足根中足関節だけがよく発達した独立した関節包を有しています。

これは、歩行や荷重における第1足根中足関節にかかる負荷や衝撃に対してのものであると考えられます。

第2足根中足関節と第3足根中足関節は関節包を共有しており、第4、第5足根中足関節も関節包を共有しています。

 

最も強固な第2足根中足関節

足根中足関節は、足部の趾列のそれぞれの基部関節として働きます。

この関節の中で、最も強固に安定しているのが、第2足根中足関節です。

安定している分、可動性は最も乏しくなります。

この理由として、第2中足骨底が内側、中間、外側楔状骨、第1、第3中足骨に囲われる位置関係となっているからです。

img_1080

言い方を変えると、第2中足骨底が「くさび止め」の働きをすることで、楔状骨間を強固にしているともいえます。

これは、ちょうど手の第3手根中手関節の指列に該当し、足部における強固な中央柱の役割を果たしています。

足における中心は第2趾列だということですね。

 

 

強力な靱帯「リスフラン靱帯」

先程、足根中足関節を補強する靱帯を3つ挙げましたが、もうひとつ忘れてはならない靱帯があります。

それは、リスフラン靱帯です。

写真を見ていただくとわかりますが、底側中足靱帯は、第1~2中足骨間だけにありません。

img_1030

第1足根中足関節の関節包が独立していること、第1足趾列が独立した特別な働きを求められていることがここでも分かります。

このリスフラン靱帯は、足根中足関節に関わる靱帯としては最も強力な靱帯の1つです。

位置としては、底側足根中足靱帯と背側足根中足靱帯の間にあります。(文献によってはリスフラン靱帯を表記していないものも見受けられます)

img_1081

(※分かりやすい資料がなかったので、自ら作成しました。笑)

 

このリスフラン靱帯を加えて5種類の靱帯が足根中足関節を補強していますが、背側・底側中足靱帯はアーチの構造維持に重要です。

以前の記事で、筋によるアーチ保持はあくまで2次的なものであり、靱帯が重要であるとお伝えしました。

内側縦アーチでは、足底腱膜、バネ靱帯(底側踵舟靱帯)、長・短底側靱帯が重要でしたが、横アーチにおいては、背側・底側中足靱帯の果たす役割が大きいと考えられます。(足根骨部の横アーチ)

 

 

セミナー情報

 

機能解剖学を始め、評価、改善方法を学びたい方にオススメです!

 

今回は、足部・足関節について深く学んでいきます!

 

お申込み:https://req.qubo.jp/catback4h/form/Academia1

 

詳細はこちらです。

2017年最後のimokアカデミア「足部・足関節編」開催のお知らせ
情報リテラシーが学びには必要! 私達が学びを続ける中で、絶対に欠かすことが出来ないと考えているものが、「自らの頭で考えられる力があるか」です。 受け取った情報を「情報」としてインプットするのではなくて、自分の中にある...

 

この記事を書いた人
鈴木 孝佳

アスレティックトレーナー兼プロダクトマネジャー。
自他ともに認める健康オタク(最近、生命線が手首を突き抜けている事に気づいた)
音楽が好き。(ギター、ドラム、カラオケを嗜む)
休日には、東京の美味しいものを探しに。

鈴木 孝佳をフォローする
機能解剖足部
鈴木 孝佳をフォローする
Trainer's Library

コメント