エジプト、ギリシャ、スクエア 足部の3タイプ

足部

足部をみる際に、回内足や回外足、アーチの低い高いなどCHECKをするかと思います。

 

その際に、足指の長さが人それぞれ違うことに気づきます。

 

足指のタイプによって、どのようなトラブルが出やすいかなどが分かります。

 

 

足指のタイプには3つある

 

足指のタイプには、3つあります。

 

エジプト型

 

ギリシャ型

 

スクエア型

 

 

上記の3タイプに分けることが出来ます。

 

 

ちなみに、エジプトやギリシャと呼ぶのはなぜ?と思いますよね?

 

これは、古代彫刻で、エジプト、ギリシャそれぞれの国でそのように作られていたことから来ていると言われています。

 

 

 

エジプト型

 

 

エジプト型は、日本人の70~80%にみられ、最も多いとされているタイプです。

 

 

図のように、親指が一番長く、小指に向かって順に短くなっていきます。

 

このタイプの足の人は、外反母趾になりやすいとされています。

 

 

小趾に向かって傾斜しているため、外側に向かって力が加わりやすいためです。

 

そのため、拇指は外側へ引っ張られるということのようです。

 

ただ、外反母趾は、後足部からの連鎖が影響しているので、一概に外側へストレスが掛かるから外反母趾になるということは考えにくいと個人的には考えています。

 

トゥ部分が細いシューズでは、拇指がさらに外側へ屈曲することとなり、歩行の際の力のベクトルが外側傾きます。

 

そのため、ラウンド(丸い)トゥがおすすめです。

 

 

ギリシャ型

 

ギリシャ型は、第2趾が最も長いタイプです。(日本人の約10~25%)

 

欧米人に最も多く見られるタイプです。

 

第2趾が長いため、第2趾にかかるストレスが高く、行軍骨折や第2趾の槌指変形を起こしやすいといえます。

 

 

もともと、第2趾の中足骨は隣りにある第1、第3中足骨に比べ、近位部に一番長く伸びています。

 

そのため、構造的な安定性が高く、大黒柱として足部を支えています。

 

足趾が遠位に伸びていることに加え、近位部にも伸びていることから、他のタイプに比べてストレスが高くなると考えられます。

 

また、足全体が縦に長くなり、前足部への荷重が大きくなり、上行性への影響も考えられます。

 

第2趾の長さを考慮したシューズがおすすめで、(拇指の長さを基準にすると、第2趾PIPが屈曲してしまう)

 

 

スクエア型

 

 

スクエア型は第1、第2趾の長さが同じタイプで、足部が全体的に四角の印象を受けます。(日本人の10%程度)

 

足趾が横に広がっており、足全体へのストレスが分散、どこかに集中しにくいと考えられます。

 

最も、安定的で問題が少ない足であるとも捉えられます。

 

しかし、先細りしているシューズなどは合わず、合わないシューズの着用で魚の目ができやすいと言われています。

 

トゥ部分が丸みを帯びているシューズがおすすめです。

 

 

まとめ

 

一般的にどういったシューズが自分に良いのかは教えられていませんし、靴を買うときにも考慮しません。

 

ファッション性が優先されるため、足のトラブルを抱えたまま、生活している方がかなりの割合いると考えられます。

 

「靴は足のために作られるものであって、靴のための足ではない」も言われます。

 

足にトラブルがある方は、シューズを見直すことでストレスが軽減しますので、一度確認されることをおすすめします。

 

 

セミナー情報

 

機能解剖学を始め、評価、改善方法を学びたい方にオススメです!

 

今回は、足部・足関節について深く学んでいきます!

 

お申込み:https://req.qubo.jp/catback4h/form/Academia1

 

詳細はこちらです。

2017年最後のimokアカデミア「足部・足関節編」開催のお知らせ
情報リテラシーが学びには必要! 私達が学びを続ける中で、絶対に欠かすことが出来ないと考えているものが、「自らの頭で考えられる力があるか」です。 受け取った情報を「情報」としてインプットするのではなくて、自分の中にある...

 

※カパンジーの機能解剖学より画像引用

この記事を書いた人
鈴木 孝佳

アスレティックトレーナー兼プロダクトマネジャー。
自他ともに認める健康オタク(最近、生命線が手首を突き抜けている事に気づいた)
音楽が好き。(ギター、ドラム、カラオケを嗜む)
休日には、東京の美味しいものを探しに。

鈴木 孝佳をフォローする
足部
鈴木 孝佳をフォローする
Trainer's Library

コメント