足部アライメント評価のエビデンスはどれも疑わしい!?

足部

足部の評価はもともと、靴を作製する際に足のアライメント(サイズや形状)を測定したことに端を発していると言われています。
これまで様々な評価法が生み出されてきました。

 

それには、内側縦アーチ高、距骨下関節アライメント、前足部アライメントさらに、回外、回内アライメント評価するスケールなどがあります。

 

私達も現場でその場で評価できるということもあって、よく用いています。

 

そして、その評価結果を基に、エクササイズを考案したり、その成果をモニタリングしています。

 

しかし、実は、足部アライメントの評価法の多くは、信頼性や妥当性に乏しいという面があります。

 

 

簡易的で信頼性の高い評価はない

そもそも臨床的な評価法の殆どが、画像などの客観的な評価ができるものではなく、アナログ的であるため、同一検者での結果の差異、検者が異なる場合の差異がどうしても発生します。

 

そのなかでも、足部はその構造の複雑さ故、精度にばらつきがあり、科学的信憑性に乏しいという見方もあります。

 

臨床的に簡潔に行えて実用性の高いものは、信頼性、妥当性に乏しい

時間や道具を要するものは、信頼性、妥当性が高い

 

という傾向が見られます。

 

つまり、現場でパっと出来て、且つ信頼性の高い評価法はないというのが現状なのです。

 

ここには、前述の点に加え、荷重位で行っているという点も大きく影響しています。

 

荷重位で行うことで、より実際の環境においての包括的な評価をしたいということが重要視されているからです。

 

しかし、足部の構造、機能は複雑です。

 

なにせ26個ある骨が連動して動くわけですから、正確に捉えるのは至難と言えるかもしれません。

 

例えば、足部回内足になっていた場合、これには、踵骨回内、距骨底屈・内転、舟状骨内旋、前足部外反、下腿内旋などが関わっています。

 

さらに、人それぞれ、どれが回内足に強く影響しているかを見極めることが難しいのです。

 

 

FPIも信頼性が乏しい?

トレーナーであれば、FPI(Foot Posture Index)を用いて評価したことがある方も多いと思います。

 

信頼性の高い評価法として知られ、その簡便さからも、参考書に紹介されています。

 

FPIはもともと、FPI-8というものが進化してFPI-6(現在のFPI)になっています。

 

つまり、もともとは8種目あったということですね。

 

それまでの二次元的な評価から、多面的で包括的な評価ができるということで、信頼性の高い評価法であるといわれていました。

 

その後、2つの評価については、”信頼性が高くない”ということになり外れ、今のFPI-6になり、その妥当性を確かめる研究が数多くなされています。

 

そして、現在のところ、FPI-6の信頼性を支持するもの、疑うもの様々ありますが、”特筆して他の評価法より優れていることはない”と結論づけている方もいます。

 

 

多角的にかつ思慮深く

「じゃあ、臨床では使える評価法はないの?!」と言われれば、そういうわけでもなく、その医学的根拠(エビデンス)から、考察する事が大切です。

 

そもそも、足部の静的アライメントとバイオメカニクスなどは相関性が見られないとされています。

 

(回内足は、軟部組織系の傷害が多い、回外足は下肢骨の傷害が多いなどといったことは因果関係があります)

 

こういうアライメントならこういう動きになる!というものはなく、傾向を掴んだり、推論の精度を高めるために用いる事が重要です。

 

またその精度を高めるために、歩行観察や、マメの位置、カウンセリングを交えて多角的に評価することも良いといえます。

 

簡易的で妥当性の高い評価が開発される事を期待したいですね!

 

 

セミナー情報

 

機能解剖学を始め、評価、改善方法を学びたい方にオススメです!

 

今回は、足部・足関節について深く学んでいきます!

 

お申込み:https://req.qubo.jp/catback4h/form/Academia1

 

詳細はこちらです。

2017年最後のimokアカデミア「足部・足関節編」開催のお知らせ
情報リテラシーが学びには必要! 私達が学びを続ける中で、絶対に欠かすことが出来ないと考えているものが、「自らの頭で考えられる力があるか」です。 受け取った情報を「情報」としてインプットするのではなくて、自分の中にある...

 

この記事を書いた人
鈴木 孝佳

アスレティックトレーナー兼プロダクトマネジャー。
自他ともに認める健康オタク(最近、生命線が手首を突き抜けている事に気づいた)
音楽が好き。(ギター、ドラム、カラオケを嗜む)
休日には、東京の美味しいものを探しに。

鈴木 孝佳をフォローする
足部
鈴木 孝佳をフォローする
Trainer's Library

コメント