横アーチを形成する「楔状骨」

機能解剖

【横アーチを形成する「楔状骨」】

 

楔状骨(cuneiforme)は3つあり、内側、中間、外側から成ります。

(向かって右側が内側楔状骨)

img_0989

※右足上面

 

楔状骨は、舟状骨と中足骨の間に位置し、楔舟関節をつくります。

img_0990
外側楔状骨は、外側にある立方骨とで「楔立方関節」をつくります。

img_0991

※右足外側
また、楔状骨の遠位では第1~4中足骨が「足根中足関節」をつくります。

 

楔状骨が関与する関節:楔舟関節、楔立方関節、楔状間関節、足根中足関節

 

内楔状骨に付着する筋:前脛骨筋、後脛骨筋、長腓骨筋、短拇趾屈筋

 

中間楔状骨に付着する筋:短拇趾屈筋、後脛骨筋

 

外側楔状骨に付着する筋:拇趾内転筋斜頭、短拇趾屈筋、後脛骨筋

 

img_0992

※後脛骨筋

※右足底面

 

 

img_0993

※拇趾内転筋斜頭

 

img_0994

※長腓骨筋

 

img_0995

※短拇趾屈筋

 

 

【横アーチ】

横アーチは、中足骨頭レベル、中足骨後方レベル、足根骨レベルと3つあります。

 

そのうち、楔状骨が関与するのは足根骨レベルのアーチであり、3つの楔状骨と立方骨が形成しています。

 

縦アーチ同様、歩行、走動作、ジャンプの際にクッション機能として働き、身体へとかかる衝撃を緩和します。

 

また、足部の安定機構としても働き、力を伝える役割もしています。

 

【まとめ】

楔状骨が関与する関節:楔舟関節、楔立方関節、楔状間関節、足根中足関節

内楔状骨に付着する筋:前脛骨筋、後脛骨筋、長腓骨筋、短拇趾屈筋

中間楔状骨に付着する筋:短拇趾屈筋、後脛骨筋

外側楔状骨に付着する筋:拇趾内転筋斜頭、短拇趾屈筋、後脛骨筋

横アーチのうち、楔状骨は足根骨レベルのアーチに関与する

 

 

 

セミナー情報

 

機能解剖学を始め、評価、改善方法を学びたい方にオススメです!

 

今回は、足部・足関節について深く学んでいきます!

 

お申込み:https://req.qubo.jp/catback4h/form/Academia1

 

詳細はこちらです。

2017年最後のimokアカデミア「足部・足関節編」開催のお知らせ
情報リテラシーが学びには必要! 私達が学びを続ける中で、絶対に欠かすことが出来ないと考えているものが、「自らの頭で考えられる力があるか」です。 受け取った情報を「情報」としてインプットするのではなくて、自分の中にある...

 

 

この記事を書いた人
鈴木 孝佳

アスレティックトレーナー兼プロダクトマネジャー。
自他ともに認める健康オタク(最近、生命線が手首を突き抜けている事に気づいた)
音楽が好き。(ギター、ドラム、カラオケを嗜む)
休日には、東京の美味しいものを探しに。

鈴木 孝佳をフォローする
機能解剖足部
鈴木 孝佳をフォローする
Trainer's Library

コメント