思考と知識

今日、あらゆる場面で「思考の重要さ」を目に、耳にします。

本屋のビジネス書コーナーへ行けば、所狭しと関連本が平積みされています。

世界が、時代が、一斉にその重要さを説いていることに、狭さと安っぽさを少し感じますが、(というかメディアの都合でしょうか)、生活していても感じます。 

 

いまや、情報が厖大に溢れています。

その中には、信頼性の乏しいものから、ぜひとも知識として入れておくべきものまで混ぜこぜになっており、情報リテラシーが必要とされます。 

 

また、その優れた情報も全て覚えられるわけではありません。

暗記では最早、対応不可能な世界になっています。

そこで必要な能力は、自身の中に明確な軸を持つことです。

それがなければ、情報に良いように振り回されるのがオチです。 

 

軸を持つ

言うは易し、行うは難し。

軸とは、物事の真偽や正否を判断する際に、拠り所とするもの。

中心があるから、左右がある。

自己定位されるから、それ以外がある。

異なる生活様式、宗教観、信念があるから、縄張り意識が出来る。 

 

あるボーダーがあるから、内側と外側ができます。

情報の精査においても、この軸が必要です。

軸を作るためには、知識と思考力が重要です。

思考するための材料が知識となります。 

 

例えば、僕はトレーナーですが、TVやネットニュースなどで健康情報が載っていると、その軸をもってして精査することが可能です。

なぜなら、身体に関することについては知識を多く有しているからです。

しかし、例えば、僕がある法改正に関するニュースを見ても、その正悪については考察することは可能ですが、情報そのものがどうかは判断し難いですし、真っ当な意見を述べることは難しいでしょう。

歴史的な背景や情勢(経済、政治など)と、あらゆるものについて一定の知識が必要ですが、それが乏しいため、思考を深めることが出来ないためです。 

 

料理で例えるなら、30の食材に30の調味料と、1つの食材で調味料が1つといった感じでしょうか。

前者であれば、厖大なレパートリーのレシピが存在するでしょうが、後者では、2~3くらいではないでしょうか。

卵と醤油しかなければ、玉子焼きくらいでしょう。 

 

このように、思考を深く展開するには、ある程度はその分野における知識を有している必要があります。

そのため、様々なことに対して学んでおくことが大切なのです。

と、長くなりそうなので、「その思考を深めるためにどうすればよい?」というのは次回に。 

 

まとめ

厖大な情報の中から、精度の高い情報を得るには思考力が必要

軸がなければ、物事に対する正しい思考は展開できない

思考の材料となる知識を得る 

 

一流の思考力を学ぶセミナー Inside Head in 福岡

5月27日(日)開催

お申し込み:https://req.qubo.jp/catback4h/form/LglJ7QcF

早割申し込み期限は4月27日まで!

【詳細】https://www.facebook.com/events/767364783458472/

この記事を書いた人
鈴木 孝佳

アスレティックトレーナー兼プロダクトマネジャー。
自他ともに認める健康オタク(最近、生命線が手首を突き抜けている事に気づいた)
音楽が好き。(ギター、ドラム、カラオケを嗜む)
休日には、東京の美味しいものを探しに。

鈴木 孝佳をフォローする
思考
鈴木 孝佳をフォローする
Trainer's Library

コメント